Salesforceの記事のインポート機能を利用したKnowledgeのインポートにおける注意点

はじめまして、タンバリンのエンジニアの菊地と申します。

はじめに

記事のインポート機能とは以下の画面からCSVファイルとプロパティファイルを作成し圧縮したzipファイルをアップロードすることでSalesforceのKnowledgeをインポートできる機能である。 f:id:hk_tb:20200831160338p:plain f:id:hk_tb:20200831160454p:plain 上記の記事のインポート機能を利用した場合に項目エラー以外で正しく取り込めないケースが存在する。

インポート時にエラーになった場合に調査すること

  1. CSVファイルの圧縮方法の確認
  2. CSVファイルの文字コードと日付フォーマットの確認
  3. データカテゴリの入力方法の確認

調査内容詳細

  1. CSVファイルの圧縮方法の確認
    CSVファイルは、フォルダを圧縮するのではなく、CSVファイルとプロパティファイルを選択して圧縮する

    • 誤った例 f:id:hk_tb:20200831160905p:plain
    • 正しい例 f:id:hk_tb:20200831161207p:plain
  2. CSVファイルの文字コードと日付フォーマットの確認

    • CSVファイルに使用する文字コードはプロパティファイルで指定している文字コードと一致している必要がある f:id:hk_tb:20200831161520p:plain
    • 日付フォーマットはプロパティファイルで指定していない場合は、「yyyy-MM-dd」形式で入力する
    • 特にExcelでファイルを修正している場合は、文字コード、日付形式共に自動で変換される可能性があるため注意が必要
  3. データカテゴリの入力方法
    カテゴリグループの一意の名前をCSVファイルのヘッダーに指定し、その配下にあるカテゴリを+で結合する

    • 以下のようにデータカテゴリグループ及びデータカテゴリが設定されている場合 f:id:hk_tb:20200831162340p:plain f:id:hk_tb:20200831162353p:plain f:id:hk_tb:20200831162406p:plain
      上記の場合、CSVへの記載方法は以下となる

      …,Demo,…
      …,X1,…
      …,X1+Y1,…