GoogleスプレッドシートにSalesforceレコードを出力してみた

タンバリンのイノウエです。

管理者だけが閲覧出来るデータがあって、チーム内でだけは権限がなくても共有してあげたい。

でも権限申請は面倒だし、ライセンスの追加購入も難しい...そんな時に、きっと役立ちます。

事前準備

以下、Chromeで行います。

アドオンをインストールする

https://gsuite.google.com/marketplace/app/data_connector_for_salesforce/857627895310

Googleスプレッドシートで新規シートを開く

f:id:Kinoue_tambourine:20200501150457p:plain

データの出力手順

いよいよ本題です。

1.アドオンを有効化する

メニューの「アドオン」から、以下の順でクリックしてください。

「Data connector for Salesforce」→「Click to enable the add-on」

f:id:Kinoue_tambourine:20200501150548p:plain

2.アドオンを開く

再度メニューの「アドオン」から、以下の順でクリックしてください。

「Data connector for Salesforce」→「Open」

f:id:Kinoue_tambourine:20200501150752p:plain

3.Salesforce認証を行う

アドオンを開くと下図右部のような小窓が開きますので、「AUTHORIZE」をクリックしてください。

f:id:Kinoue_tambourine:20200501150823p:plain

別ウィンドウで認証画面が開きますので、ログインしたのちアクセスを許可してください。

f:id:Kinoue_tambourine:20200501150904p:plain

f:id:Kinoue_tambourine:20200501150939p:plain

下記画面に遷移すれば認証完了です。認証画面は閉じても大丈夫です。

f:id:Kinoue_tambourine:20200501151007p:plain

注意事項

このとき表示されるログイン画面はブラウザで持っているセッションに依存します。

データを出力したい環境にログインしようとしていない可能性がありますので、ウィンドウのURLをよく確認してください。

例)お客様環境で作業した直後などはその環境のログイン画面が表示されます。

4.データの出力を行う

アドオンのメニューから「Import」を選択します。

f:id:Kinoue_tambourine:20200501151128p:plain

出力するオブジェクトを選択して「NEXT」をクリックします。 f:id:Kinoue_tambourine:20200501151604p:plain

出力するフィールドを選択して「NEXT」をクリックします。 f:id:Kinoue_tambourine:20200501151633p:plain

必要に応じてフィルターを設定します。条件を指定して「ADD」をクリックします。 f:id:Kinoue_tambourine:20200501151708p:plain

スクロールして出力行数を指定したら「GET DATA」をクリックします。 f:id:Kinoue_tambourine:20200501151730p:plain

実行確認画面が表示されますので「REPLACE」をクリックします。 f:id:Kinoue_tambourine:20200501151755p:plain

出力完了です! f:id:Kinoue_tambourine:20200501151903p:plain

注意事項

・出力に際しては、認証時に使用したアカウントの持つ権限が参照されます。Salesforce上で閲覧権限が無いものについては出力出来ませんのでご注意ください。

・他の人に出力ファイルを共有する場合は閲覧者権限を付与してください。編集者権限を付与すると、出力者の権限でアドオンを使用出来てしまうことを確認しています。

参考文献

base.terrasky.co.jp ※上記サイトには本記事では紹介していない他の機能についても解説されています。