フロントエンドカンファレンス2019に参加しました

タンバリンでインターンをさせていただいている佐々木です。

11/2のフロントエンドカンファレンスに参加しました。

2019.kfug.jp

最高に楽しかったので、印象に残ったセッションの感想とサーバーサイドでの学びを書きたいと思います。

聞いたセッション

  • ディレクトリ構成ベストプラクティス
  • Nuxt.js + Firebaseでの開発と高速化に挑んだ話
  • AWSを活用したフロントエンド開発
  • 私たちはなぜSPAで開発するのか
  • Web制作現場のディレクションを支えるGithub

このうちの「ディレクトリ構成ベストプラクティス」が衝撃すぎました。

ディレクトリ構成ベストプラクティス」について

https://speakerdeck.com/okunokentaro/frontend-conference-2019

  • 公式だから間違ったことは書いてないはず
    • 本当にそうか?
  • フレームワークのドキュメントは、 あくまでもそのフレームワークの使い方を中立的に述べた内容
    • 間違ったことは書いてない

これは、私が一番衝撃を受けた部分です。 普段、PHPフレームワークである、Laravelで開発をしている私にとってはかなり衝撃でした。(「Laravelのリファレンスは神」と何度言ったか分かりません・・・)

まさに、この通りで、私が今まで(個人で)開発してきたものはチュートリアル通りに作ったもので、設計やディレクトリ構成は全てLaravelのリファレンスに従ったものです。

リファレンス通り=保守性が高い と完全に思い込んでいた私にとっては、衝撃的でした。

作りたいアプリケーションが異なっているなら、その設計も異なっていて、リファレンスに従うのがベストではないのは当然のことでした。 そもそもLaravelで自動で生成されるのディレクトリ構成が、作りたいアプリケーションの設計にベストな訳ではありません。

学び・まとめ

私がLaravelを学び始めた理由は、LaravelがPHPで、一番人気のフレームワークだったからです。一番人気なものがベストに違いないと思っていました。

今回のセッションから、一番使われているフレームワークを使うだけではなく、PHPの他のフレームワークである、CakePHPSymfonyFuelPHPなどが、「なぜ使われなくなってきたのか」、「Laravelとどう違うのか」を知ることで、Laravelのディレクトリ構成や設計のベストプラクティスを学ぶことができるのではないかと思いました。

感想

フロントエンドカンファレンス参加以来、コードが書ければ幸せ、から卒業し、設計について考えることが増えました。設計沼にハマれて、今はもっと幸せです。(ときめきワード:クリーンアーキテクチャ、DDD) そしてフロントエンドも最高に楽しいです。(CSSはごめんなさい)

フロントエンドカンファレンスに参加したのに、サーバーサイドのことも学べちゃいました。すてき☆

カンファレンスへの参加は初めてだったのですが、普段の開発では知ることができないことをたくさん知れました! いつか登壇できるくらいのつよつよになりたいです!

エンジニアもカンファレンスも最高ですね!!!

12/1のPHPカンファレンスに当日スタッフとして参加するので、またその記事も書きます!

phpcon.php.gr.jp