WebP画像をJPEGやPNGに変換しなきゃ!なときには...

「現行サイトから画像とってきてー」

と言われること、よくありますよね。

いざ現行サイトをみてみると、

「...WebPだ」

JPEGでもPNGでもない。ローカルで表示されないので、作業がとてもしづらい...。

そんなとき、手段は色々あるようです。

そもそも画像を取ってくるときにWebP形式使わない

Chromeで画像を右クリックして「新しいタブで画像を開く」「画像パスを保存」で表示されるURL、末尾が「-rw」がついているそうで、それを外すと元の形式で表示される。

という話がちょっと前まであったようですが、試してみたらムリでした。Google側で仕様変わったぽいですね。

なのでコレ。Chromeのaddonです。 https://chrome.google.com/webstore/detail/save-image-as-type/gabfmnliflodkdafenbcpjdlppllnemd/related

右クリックで画像の保存形式を選べます。 落としてくるときに画像形式が選べるので便利。

同じ名前で中華の詐欺addonがあったりする(そっちの方が検索上位)ので、ググるよりリンクから取得してください。

無料のウェブツールつかう!

こんなのもアリ。いろんな変換ができて便利そう。

https://convertio.co/ja/

ただ、これ無料枠が1日10枚...。仕事で使うには有料プランにする必要がありそうなので、状況に応じて検討してください。

そして、このテのって、1枚ずつコンバートしていかないといけないのがめんどくさかったりします。

公式のコマンドラインツール使おう!

https://developers.google.com/speed/webp/ WebPに相互変換できるコマンドラインツールがありました!

落としてくる

homebrewかMacPortsで落として来れます。

$ brew install webp
## or
$ sudo port install webp

変換する

あとはコマンド打つだけ。

$ dwebp [webpファイル名.webp] -o [変換後ファイル名.拡張子]

で、拡張子にあった画像形式にコンバートされます。 逆にWebPにしたいときには、

$ cwebp [変換後ファイル名.拡張子] -o [webpファイル名.webp]

かんたん♪

一括でできないの?

一枚一枚やっていくのもちょっとしんどいですよね。

該当の画像をフォルダに放り込んだら、フォルダの中からWebP拾って同じディレクトリにPNGにして突っ込みます。

$ for webp in `find [フォルダ名] -name "*.webp"`; do dwebp $webp -o ${webp%.webp}.png; done

あとは要らないファイル削除したらOKですね(省略するけど)。

というわけで、WebP画像が渡されたらどうする?のコーナーでした。